建物を売るのは大変

借地権付きの建物を売るのは大変

借地権の譲渡しについての承諾を得なければいけません

借地権付きの建物の売却は独特の大変さがありました。
地主さんに借地権の譲渡しについての承諾を得なければいけません。

 

地主さんとの交渉のほとんどは業者さんがやってはくれたのですが、金額について折り合いがなかなかつかず、話しが纏まるまでに一ヶ月ぐらいかかってしまいました。
建物の買主さんがそれほど急いでいないことが幸いしたのですが、もしもそこを住宅としてすぐに使いたい人だったら日程調整も困難だったろうと思います。

 

借地権というと普通の人には分かりにくい権利なので理解するまでが大変でした。
でも、借地権がないと建物を買っても利用出来ないので、借地権も建物とセットで買わないといけないのですね。

 

地主さんとしては、それを見込んで高めの金額を主張してくるのかもしれません。
業者さんが間に入ってくれて本当に良かったのが、結局のところ実勢価格で落ち着いたことです。

 

我々が言うよりも業者さんが言ってもらうほうが説得力がありますしね。
借地権の売買は気を遣うところが多いので、ホントに疲れました。

土地選びと家選びは同時進行であり、人生において一番お金がかかる時期です。
この時期までにお金が準備できていないと慌てて冷静な判断で土地選びが出来なくなることにも繋がります。

 

しっかりと貯金を貯めて人生計画を立てておくことが大切です。
そしていざ実行に移す時にはテンションを上げずに細かい資金運用の計画を立てます。

 

家にどのぐらいお金をかけるのかという事が重要です。
思わぬ事ですぐに必要な金額が上がるので、様々な想定をしっかりして業者と何度も打ち合わせをする事が大切です。

 

そして土地も出来るだけ安い時期に購入する事が大切です。
また不動産取得税のことも考えておかなければなりません。

 

これは取得した不動産の金額によって変動するので、購入予定金額から税金を算出する必要があります。
これは一人では中々出来ないので、業者と一緒に計算して改めてどのぐらいお金が必要なのかを再確認しておく事が大切であり、それが夢のマイホームを建てるまでに乗り越えなければいけないことです。

続きを読む≫ 2014/11/13 17:31:13

家を建てたいと土地を購入するつもりの人は、様々な部分で土地の情報を取得するべきです。

 

というのも、やはりどういった土地なのかということと、建物を建てる際に障害になるようなものがないかというのを調べるというのもポイントになってきます。

 

 

たとえば、非常に里からはなれているような山奥に、安いからと言って土地を購入し、建物を建てようと思った際に、ネックになってくるのは、水道や電気というライフラインです。

 

そこまで水道管や電気が通っているかどうかの確認をするということが第一の条件となります。

 

 

もし、なにもライフラインが整備されていないということとなれば、生活を維持していくうえでどのような弊害が起こるかということも、十分に想定して対応策を考慮するということも必要になるわけです。

 

どのように土地を利用して行くかということで、その条件というものは多様に変化して行きます。

 

 

具体的な使用方法というものを考えたうえで、購入するかどうかという判断につなげていきましょう。

続きを読む≫ 2014/10/22 17:31:22

余った土地を他人に貸し与えて収入を得る手段を取っている人は多く存在します。
そういった人の多くはガレージやマンションを建てる為に活用します。

 

理由としては毎月安定した収入を得る事が出来るからです。
では、建てるにしても何を建てるかに拘ってみるとどうなるかを考えて見ます。

 

例えば医療施設です。
医療施設にも様々な物があり、介護施設や老人ホームも含みます。

 

この場合は土地を貸しても収入が得られないのではないかと思いますが、実際は多くの収入を安定して貰う事が出来ます。
入院をしている人は毎月病院にお金を払いますが、その内の何割かを貰う事が出来ます。

 

そして介護施設であっても、毎月施設にお金を支払っているのでその内の何割かを毎月得る事が出来ます。
これは他人の不幸を喜んでいると考える人もいますが、実際には社会に貢献していることになります。

 

無料で貸す人も借りる人もおらず、当方にメリットがあるビジネスであるので、土地を借りて料金が発生しても問題はありません。

続きを読む≫ 2014/09/25 17:31:25

土地というものは結構高いイメージを持っている方多いかとおもわれます。

 

とても大きい買い物なので、購入を考えることができないという人も結構いられるでしょう。

 

土地が高いということはどういうことなのか、それは多くの人にニーズがあるということです。

 

高い土地というものは東京の中心地なんかにとても多くあります。

 

駅から近い、学校から近いなど、いろいろな理由で土地というものの値段は変わってきます。

 

それだけ価値があるということなので、金額にかかわらず、いい土地があった場合にはお金が許す限りはお金をかけてもいいのではないかとおもわれます。

 

 

赤いものにはそれなりの価値があるので、価値と値段の差を考えるとおのずとお買い得なものというものがわかってくるものでしょう。

 

あなたも購入してみてはいかがでしょうか、とても大きいもので、持っているだけで、安心することができるので、持っているだけでとても自分のためになるので、購入することはとてもお勧めです。
http://土地売却価格.com

 

 

田舎の土地に価値はあるか

 

「地価」は地域によって確実に変わるものです。人が集まる都会の方が価値は高く、人口密度の低い地方ではそれなりになるというのは、誰もが納得する市場の原理です。ですが、それは「その時点では」というハナシです。土地は消えてなくなるということがありません。もちろん川に侵食されたり、海岸に面している場合では海面の変動で沈んでしまったりと、絶対に「不変」であるというわけではないのですが、基本的に未来永劫その土地は面積を変えることはありません。ですから、土地の「価値」を考える際に忘れてはいけないのが「将来の姿」でもあります。将来その土地がどうなるか、将来その場所がどうなるかということを考える必要があります。

 

そして一旦所有した敷地は手放すまでは自身のものです。自身が手放すという意志表示をして、権利自体をなんらかの方法で人に譲らなければそれは自分の所有物です。ですから、その場所の価値を考える際は、長期的な視点が重要で、将来「どうなるか」ということを加味しなければ正しく判断することができないのです。

 

その土地が受け継いだものではなく、自身が費用を投じて入手したものであるのならば、将来的にその場所がどうなるのかということを考えるべきですし、価値が上がるということが確信できたのであればそれまで所有しておくということを考えるべきです。逆に価値が下がるということであれば、早く手放した方が損失は少なくなります。

 

特に田舎は、都会で飽和した「開発」の次の対象になりやすいものです。偏った人口を均すという意味でも、今後ますます注目を集めていくのが確実です。そのような場所の権利を有しているということは、将来的に有利になる可能性が高いのです。

続きを読む≫ 2014/09/02 10:12:02

商売をするにはまず良い場所に店を構えることが絶対条件です。
飲食店を経営する場合、どんなに美味しくてどんなに安くてもわざわざ離れた場所から来店してくれる客は極僅かです。

 

そして現代では評判は口コミだけではなくインターネットを介して情報が公開されます。
つまり店の場所やどんな料理を出すのかがわかってしまうということです。

 

これはつまり流動客を見込むことが出来ないということになります。
メニュー表だけが表に公開されていて、料理の見た目は公開されていない場合であれば客は期待をして入店してくれます。

 

つまり固定観念を持たれないということです。
これは非常に良い事であり見た目で判断されないことによって、より多くの人が入店してくれることになります。

 

そして口コミで料理の評判が広まって売上が伸びることになります。
その為には良い土地で店を出すのが絶対条件であり、アクセスの良い土地を選ぶ事によって、地元の人も遠いところから来る人も来店しやすくなります。

 

土地と売上はこのように密接に関係しています。

続きを読む≫ 2014/08/14 17:31:14

土地や建物などの不動産については、名前を書いたり持ちあるくことができないので、所有権や抵当権など、権利については登記をすることになっています。

 

 登記簿は公示制度といって、取引の際に実際の所有者を確認するため、手数料を払って誰でも閲覧することができる制度です。

 

 

 

 しかし、土地の登記簿の名義にかかわらず、住み続けたり、利用することはできること、登記には費用が掛かることなどから、現況通りに登記がされていないことも少なくありません。

 

 法務局で土地の登記簿を取得すれば、面積や地目、所有者を確認することができますが、地方自治体によって時期は多少ずれますが、5月から6月に郵送で届く、固定資産税の課税通知は登記簿上の名義を基礎にしています。

 

 

 たとえば、親名義の土地を、登記をしないままで住み続けていると、課税通知も親の名前のままで送られてきますが、滞納をしなければ市区町村の役所から注意を受けることもありません。

 

 

 課税通知には、現況の地目や所有者、面積など、登記簿と同じ情報がすべて載っていて便利です。

 

 

 。

続きを読む≫ 2014/07/28 17:31:28

余った土地を有効活用すれば安定した収入を得る事が出来るようになります。
その方法は企業や一般人に土地を貸す事です。

 

そして毎月それに見合った報酬を貰う事で、毎月生活していきます。
しかし、土地を使用した事業で思ったよりも収入が見込めない場合には、利用方法を見直す必要が出てきます。

 

例えば、ガレージを作ったが周りに車を所持している人が余りにも少なく収入もほとんど無いというような場合が続けば、折角土地を持っているのに宝の持ち腐れになってしまいます。
そういった事になれば他の事業へ転向することになります。

 

そして、転向出来る場合と出来ない場合があります。
まず、出来る場合はガレージを作った場合です。

 

ガレージは整備するだけであり、その場所に何も建っていない状態であるので、そのままマンションを建てても医療施設を経てても構いません。
そして転向することが困難な場合とは実際に人が住むマンションや企業に貸し与えた場合です。

続きを読む≫ 2014/07/02 17:31:02

ホーム RSS購読 サイトマップ